あきらめずに続けること


お休み中に、じろさんを病院に連れて行きました。

待合室でなだめるために、いつもブラシを持って行きます。←ブラシ大好きだから

恐ろしさのストレスで、抜け毛がハンパないのもあるし(・ω・;)

e0216469_10391766.jpg


この目つきの険しさときたらどうだ(苦笑)

e0216469_10402415.jpg


毎度慣れなくて、(((゚Д゚)))ガクブルガクブル状態になってます。

かわいそうだけど、こればっかりはしょうがない(´д`)

e0216469_10415735.jpg


血液検査の結果は、後日わかるのですが・・・今回は前回より

ほんの少しだけ数値が改善してました。

e0216469_10431555.jpg

標準よりも、ちょっと悪いかな~くらい↑

実は病院に着く前に、今回の数値は少しいいかも?という予兆がありました。

病院に向かう車内で、興奮してキャリーの中でおもらししたじろさん(・ω・;)

「・・・・あ・・・・・ちょっとおしっこ臭い・・・・(嬉)」

腎不全になってからというもの、じろさんのおしっこの臭いは消えてました。

健康な猫のおしっこは、本来ものすごく臭いんです。

でも腎臓病を患うと、老廃物が体内に残ったままで、尿の中にちゃんと

排出されないから、全然臭くないおしっこが出ます。

でも、車内でのおもらしはちょっと臭かった!!猫のおしっこ臭がこんなにも

うれしかったことはありませんーーーーっ(`;ω;´)!!

だから今回はちょっと数値いいかも?って、直前に期待したのでした★

先生が言われるには、療法食をちゃんと食べると、この数値がもっと下がって

継続して療法食を食べ続けることで、さらに安定するんだそうです。

療法食ってやっぱすごいです!!

だがあまり食べない──。゚(PД`q*)゚。──と涙ながらに(←誇張)訴えた所、

食べない子は食べないので、それはしょうがないと。療法食を食べないのなら

普通食を与えてもいいと。ただし、あきらめずに根気よく、療法食をやり続ける

ように、と言われました。 (じろさんの場合、体重の減少は6キロまでを目安に)

やっぱり療法食が、何と言ってもベストの食事なんだものね・・・

ということで、これからも気長に、療法食を手をかえ品をかえ、トライし続けよう

と思いました。

+++++

帰ったら、安心してごはんを食べだす男。(←療法食はお情け程度、入ってる)

e0216469_114256.jpg


そして普段のひざ乗りの態勢ではない格好で、オットのひざで甘える男。

e0216469_1152694.jpg


・・・・・・・・・・・・・・( ̄- ̄)

e0216469_115423.jpg


も、もうそのくらいにしといたら?

e0216469_1164616.jpg


ああそうさヽ(`Д´)ノ今度はお母さんにも甘えてよーーーーー(`;ω;´)

+++++
[PR]
by ushigara26 | 2012-09-17 11:26 | じろさんの病気
<< モールガラスの本棚 毛づくろい中 >>