木の皮をはぐ男

これ、またたびの木です。

数年前に、岐阜県の福地温泉(奥飛騨温泉郷の一つ、いいとこです)の朝市で

大袋に入って売られているのを見つけて、買いました。確か500円・・・

しかし冷静に考えると、1頭の猫にはあまりに多すぎる量だったので、当時の

職場の猫飼いさんたちに配りまくりました。みんな、またたびの粉は見たことが

あっても、木は見たことがなくて(私も)珍しがってくれました。

e0216469_837819.jpg


さて、このまたたびの木ですが、猫のざりざりした舌で木の皮をはぎとって

最終的に一番下のような丸裸の状態になります。

e0216469_8495671.jpg


この状態の時が、じろは一番好きみたいです。

ものすごく陶酔・・・ほら、このように。  (ぼやけた写真ばっかりですみません)
e0216469_8511342.jpg


変顔になるくらいトリップ・・・

e0216469_8524795.jpg


目がイッてます・・・

e0216469_8533677.jpg


e0216469_8535091.jpg

じろっ!戻ってきてっ!・・・・なんてね、大丈夫^^

人間の酔っぱらいとは違って、すぐ酔いから冷めます。不思議です。


+++++
[PR]
by ushigara26 | 2011-06-19 08:59 | じろさんの話 | Comments(2)
Commented by nikoniko at 2011-06-19 10:04 x
ぷぷっ。
じろさんの変顔・・・
ぬははははは・・・って・・・。
可愛い〜ですぅ。
Commented by ushigara26 at 2011-06-19 16:10
nikoniko さんへ
マタタビの木をなめている時のじろさんは、いつも笑っています。
ぬはははははって。
<< とうもろこしとウイスキー 日常風景 >>